妥協は厳禁?注文住宅のこだわりポイント3選

外観は見栄えの良し悪しに大きく影響する

理想の家造りに最適とされている注文住宅ですが、理想通りの形にすることは決して容易ではありません。特に建物のデザインは耐久性に大きく影響することから、安全性を優先するために無難な仕上がりになりがちと言えます。しかし、他にはない個性的な外観にできるのが注文住宅の魅力でもあるので、安全性を第一としながらもデザインには強いこだわりを持つ必要があります。家族の終の棲家であるマイホームにいつまでも愛着を抱くようにするためには外観の美しさも重要な要素のひとつです。見栄えが良く、何度見ても飽きない整ったデザインにすることを心がけます。

建材の質は居住性を大きく左右する

注文住宅の居住性は建材の質が関係します。同じような見た目でも質の良し悪しで住み心地が大きく変わるので、正しい知識に基づいた建材選びが欠かせません。防音性や遮熱性、気密性など様々な要素が住み心地の良し悪しを決めるので、家造りの方向性を明確にすることが最適な建材を選ぶための指標になります。一般的に希少性が高い建材ほど高額になりますが、金額と品質は必ずしも比例するとは限りません。場合によっては安価な建材の方が居住性を向上させることもあるので、家造りの際はその点に注意する必要があります。

庭やガレージの構造にもこだわる

注文住宅と言えば家族が住む建物の方に意識が向きますが、敷地内にある庭や物置、ガレージなどの設備にもこだわりを持つことが大切です。毎日の暮らしの中で頻繁に利用する設備なので、位置や構造は慎重に決める必要があります。広さや方角、住宅との位置関係などをよく考えておくのが子や孫の世代まで快適に利用するための秘訣です。

大阪の注文住宅を視野に入れる場合、設計のプロと相談しながら、自分や家族に合った家づくりを考える事ができます。モデルハウスを実際に見て参考にする事で、よりリアルな生活をイメージできるかもしれません。